医療事務の資格は就職する場所が多く人気!

医療事務の就職場所を徹底解説!

医療事務の就職場所にはどんな種類があるの?

医療事務として働く際には、資格だけでなくその経験も重要視されることがあります。 例えば大学病院などの総合病院で働く場合、経験が豊富でないとなかなか採用されにくいようです。 診療所は医療事務としてそのような経験を積むにはもちろんのこと、身近な就職先としても人気の高い医療機関です。

就職しやすく経験を積める診療所

医療事務という資格が人気である理由は「就職場所の多さ」です。
例えば、専門職といえばフルタイムで一日しっかり働かないといけないという印象を持つ方も多いかもしれません。
しかし、医療事務ならばパートタイムとしての勤務も可能で子育て中の主婦のような時間の限られた方でも働くことができます。
高齢化社会に突き進む現代日本では、医療機関の増加に伴って医療事務の需要も増加傾向にあり将来性のある資格としても注目を集めています。
なにより、医療機関はどの地域にも存在しているので自宅近くのように希望の地域で就職先を見つけることもできます。
加えて専門職なので転職もしやすく、長期勤務も可能です。
このように自分に合った条件で働きやすい医療事務の資格ですが、そもそも自分の条件に見合った就職場所がどこにあるのかわからなければどうしようもありません。
一口に医療機関といっても、その環境や役割は様々です。
病床が19床以下の診療所(私たちがクリニックや医院と呼んでいる所です)では基本業務を一通り行わなければならないのに対し、病床が20床以上の病院ではより専門的な業務が求められます。
同じ病院でも診療科が異なればその業務内容は大きく異なってきます。
例えば、診療科の中でも整形外科は特別な算定技術が必要であるとされています。
つまり、自分に見合った場所に就職するには就職場所の種類をきちんと把握して選択していく必要があるわけです。

というわけで、今回は医療事務の就職場所について種類別に紹介していきたいと思います。
まず診療所と病院という医療機関の規模に分けて紹介し、最後に診療科別で見てどのような違いがあるのかを示したいと思います。



より専門的な業務をしたいなら病院

診療所と比べ、病床が20以上とより大規模になったのが病院です。 こちらの方が従業員の人数が多いため、それぞれがより専門的な業務を行うことができます。 また、診療所と比べると組織としてのシステムがしっかりしている傾向があり、福利厚生などの面でよい待遇を受けられることも特徴です。

診療科別で業務内容が大きく異なるので注意!

就職場所の選択に関しては、どうしても医療機関の規模だけに注目しがちです。 しかし、その医療機関がどんな診療科なのか、一つの病院の中でもどの診療科に配属されるかを把握することは自分に見合う就職先を選ぶうえでも大切です。 ここでは、各診療科別に業務内容の傾向をまとめました。

Topへ
戻る▲